銀行カードローンでお金を借りる

銀行が扱っている金融サービスとして身近なものはお金を預ける預金ですが、反対に銀行からお金を借りることも可能です。ただし預金と異なりお金を借りるためには返済能力があることが条件であるため審査に通る必要があります。一方でお金を貸してくれるサービスとしては、住宅ローンやマイカーローンなどの目的ローンと設定した利用枠内でいつでもお金を借りられるカードローンやキャッシングなどがあります。またお金を借りると金利を支払わなければなりませんが、目的ローンは低く設定されているのに対してカードローンなど利便性の高い商品は高めに設定されています。

 

銀行といっても、いくつかの種類があり一般的にはメガバンク、地方銀行、信用金庫・信用組合、ゆうちょなどのほか農協などもあります。ゆうちょは日本郵政公社が民営化されたさいに登場したものでゆうちょ銀行という名称で預貯金業務を行っています。直接お金を貸し出すことはしておらずスルガ銀行の個人ローンを扱っておりお金を借りることができます。農協はJAバンクという名称で各種ローン商品を提供しています。一方で銀行とは異なりますが消費者金融でも銀行系であれば所属しているネットワークの銀行のATMを使うことができます。

 

消費者金融でお金を借りる

急な出費で困った場合に便利なのが消費者金融のキャッシングです。消費者金融には大手企業もあれば中小企業もあります。中堅の消費者金融もインターネット広告などを活用してサービスをアピールしています。

 

消費者金融でお金を借りる場合は、返済能力を照明する必要があります。申込書には名前や住所など基本的な個人情報に加えて、勤務先に関する情報も記入します。
最近はインターネットで簡単に融資の申し込みができるので便利です。必要事項を記入して送信すると消費者金融側で審査が行われます。

 

一般的に勤務先への在籍確認がありますが、担当者の個人名で電話をかけるので消費者金融からの電話だと勤務先にわかってしまうことはないです。審査に通ると電話かメールで結果が知らされます。1つの業者からの借入が50万円を超える場合は給与の明細や源泉徴収票が必要になります。

 

インターネットを利用して融資の申し込みをした場合は、契約後にカードが自宅に郵送されます。すぐに借入をしたい場合はネットキャッシングもあります。ネットキャッシングを利用すれば最短で即日振込も可能です。借入をする場合に重要なのが計画性で、毎月無理なく返済できるように事前に返済計画を立ててから借りることが大切です。