外国人や夜職の方がお金を借りたい場合

日本人で仕事をしている、あるいは年金などの定期的に収入がある人であればお金が足りなくなって急に資金が必要な場合は借り入れを検討する事ができますが、仕事はきちんとしているものの夜職、いわゆる水商売などでは普通の仕事をしている方のように借りる事が難しい職といえます。何故ならお金の返済に難がある場合が普通の職の方と比べると多いためです。同じようなものに外国籍の方が挙げられます。もちろん日本人と結婚されている方であれば問題にならない場合もありますが単身日本にやってきて独身の方などはお金を借りるための条件はかなり厳しいものとなります。

 

銀行ではほとんど貸してくれる所はありませんので、お金が必要になった場合は最初から消費者金融を巡ったほうがいいでしょう。消費者金融の中にも大手のところは貸してくれるところは少ないですが、金利が高く借入額が少ない場合は日本の居住年数が高かったり保証人をつける事で借り入れできる場合もあります。中小の事業者であれば貸してくれるところもいくつかありますので最初からそこに行ったほうがすんなりと借りる事ができます。特に外国籍の方の場合は連帯保証人を求められる事が多くありますのでその方を見つけておくのが必須条件になります。