専業主婦の方がお金を借りる場合

一般的にキャッシングを利用するためには、月々、安定した収入がある社会人でなければ、カードローンなどの審査を受けることが出来ないと言われています。そのため仕事をされていない専業主婦の方にとってカードローンを組むことは難しいと諦めている方は少なくありません。

 

なぜ専業主婦はカードローン審査が受けられないかというと、信販会社や消費者金融は、自らに所得が無い人に対し融資を実施することが出来ません。そのことから無職の方と同列の専業主婦の方や、定年退職後の方がローンを組むことは出来ないのです。しかし銀行カードローンの場合は、総量規制の対象外となるので、消費者金融や信販会社のように年収によって融資枠を決定せずに配偶者の所得状況に応じて、利用可能な限度額が設定される特徴があります。

 

そのため専業主婦の方でも、きちんと配偶者や家族の所得状況がきちんと確認が取れれば問題なくカードローンの申込みをすることが可能なのです。ただ銀行カードローンは無審査は一切なく、必ず不正な申し込みが無いかどうか申込者本人に対して、電話による確認作業が行われます。またこの審査は本人だけではなく、融資の基準となる家族に対しても電話での確認が必須です。