身内や同僚からお金を借りる

お金がないときはキャッシングを利用する方が多いですが、初めての方は抵抗があるものです。そんなときに身内や同僚から借りたいと考える方は少なくありません。子供のころはおばあちゃん、祖母、祖父から借りていた方は多いでしょう。小中学生ならお小遣いをもらっていても、高校生や大学生になると借りたいと思うことが増えてきます。特に高校生は未成年なのでキャッシングの利用はできないため、借りるとなれば必然的に家族になるはずです。

 

兄弟、友人から借りる人もいますが、友人から借りる場合は注意が必要です。友人だから借金を申し込むという方がいますが、友人だからこそ借りてはいけないのです。借りることで互いに心の摩擦が生じてしまい、疎遠関係になってしまうケースは少なくありません。お金の切れ目は縁の切れ目という言葉がありますが、もし返済ができなくなれば友人を失うことになるでしょう。

 

上司、同僚から借入する場合も同様で、基本的に知り合いからお金を借入するのはよくありません。キャッシングなら人間関係を壊してしまう心配はありませんし、返済期日までに返済していれば取立てを受けることはないです。キャッシングは借入日数で利息を調整できるので、短期返済を目標にして希望額を設定していきましょう。